2012年 12月 25日

「私の家」阿部勤・自邸

e0189939_1212251.jpg

阿部勤さんはもうひとりのわが師です。
阿部さんの自邸にはアルテックの会で何度か伺ったことがあり、それはすばらしい空間体験でした。
ぼくが日本で見た中で、最も感動した住まいです。
その居心地の良さがどうしてなのか、を考えることが、その後のぼくの建築の糧となりました。 
ガラスのピラミッドの中庭まわりの構成は、その影響を強く受けています。 
まだまだ学ぶべきことはたくさんあるようです。



e0189939_11405951.jpg


e0189939_1141177.jpg







以下、阿部勤氏の文より抜粋です

私の家(中心のある家)は竣工してから38年になりますが全く古さを感じさせません。
むしろ年を経る毎に良くなっています。物理的に劣化していません。その主な原因は、庇と無垢の素材です。外観のコンクリート打ち放しが劣化していないのは、庇が出ている為です。
素性の知れない新建材でなく、人類が何万年の間慣れ親しんできた石、木、土、といった、中まで本物の無垢素材は、経年変化によって人や環境に馴染み、風合いが出て、年を経る毎に良くなります。
時間のなかで私との関係もより深まり愛着も湧き、居心地が良くなっています。周辺環境とも馴染み街の風景ともなっています。
 

  
e0189939_11552397.jpg


e0189939_11551366.jpg


 
e0189939_12482331.jpg

  
 

 






 
 
 
[PR]

by 2009mizuno | 2012-12-25 11:39 | エッセイ | Comments(0)


<< 竣工しました      ディテール 2013年1月号 >>