建築_空間

space09.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 21日

多彩なシークエンスの住まい

e0189939_17332455.jpg


「花火のみえる楽しい住まい」を希望された。たしかに敷地は、庄川と新湊の、川と海のふたつの花火がみえる場所にあった。
一方周辺は、郊外の住宅地の中ではあるが、南には大きな倉庫がせまり影をおとし、背後には隣家がせまる、良好とはいえない環境であった。

その地に、花火を見る物見台をもつ、中庭を中心に生活する光あふれる住まいを提案した。

施主からの要望、高いセキュリティーから、外装は黒い鋼板のよろい貼り。開口部は必要以上につくらず内部が見えないようにし、ソトへは閉じた要塞。暗くなったその分、建物中心にヴォイドをつくり、そこから光をえるカタチにした。

敷地に高低差があったので、てっぺんの物見台まで、道路レベルのガレージから、1F寝室、2Fの居間、テラス、小上がりの和室、ロフトなど床レベルがさまざまに変化する。そのなかで居間とテラス、子ども室のロフトがフラットでつながり不思議な感覚的を感じる。物見台は地盤面の一番高いところに、できるだけ階高を高くした上にのせた。2方向の花火が見えるよう、それぞれの方向に大き窓をつけた。 

この住まいは、その中心に庭/ソトがあり、そこから入るさまざまな表情の光を各部屋で楽しめる。ぐるぐると中庭のまわりをめぐり、外になったり中になったり、時には物見台で花火を見たりして、ひとつながりの風景のなかで光の表情がかわる、そんなふうに多彩なシークエンスが楽しめる場であることを期待した。



 
e0189939_1730655.jpg
e0189939_17295493.jpg
e0189939_17294399.jpg
e0189939_17293348.jpg


e0189939_1733158.jpg
e0189939_17291799.jpg
e0189939_17285330.jpg
e0189939_172843100.jpg
e0189939_17283153.jpg
e0189939_17281918.jpg

e0189939_1731367.jpg




道路レベルのガレージから、もっとも高い物見台まで
敷地に高低差があることを利用して 内部は床レベルがさまざまに変化する
高いセキュリティーのイメージから外装は黒い鋼板のよろい貼り 
内部のことがわからないよう、開口部は必要以上につくらず
中庭から光をえるような構成
2Fの動線はグルグルと中庭のまわりをまわり 外になったり中になったりして
シークエンスが多彩に変化することを期待した


e0189939_17304877.jpg
e0189939_17303412.jpg
e0189939_1730217.jpg

[PR]

by 2009mizuno | 2014-05-21 17:31 | 物見台の家 | Comments(0)


<< 最終模型完成!      未完成の家 >>