建築_空間

space09.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 29日

step2 内部空間

e0189939_0254790.jpg



e0189939_0252776.jpg




e0189939_0253692.jpg

 

 
 
 
 
 
 
[PR]

by 2009mizuno | 2012-12-29 00:24 | スタジオの家 | Comments(0)
2012年 12月 28日

竣工しました

e0189939_10292594.jpg

e0189939_102935100.jpg




e0189939_10283698.jpg
e0189939_10282636.jpg
e0189939_102816100.jpg
e0189939_1028236.jpg
e0189939_10275218.jpg
e0189939_10274225.jpg
e0189939_10272798.jpg

[PR]

by 2009mizuno | 2012-12-28 10:30 | スリットのある家 | Comments(0)
2012年 12月 25日

「私の家」阿部勤・自邸

e0189939_1212251.jpg

阿部勤さんはもうひとりのわが師です。
阿部さんの自邸にはアルテックの会で何度か伺ったことがあり、それはすばらしい空間体験でした。
ぼくが日本で見た中で、最も感動した住まいです。
その居心地の良さがどうしてなのか、を考えることが、その後のぼくの建築の糧となりました。 
ガラスのピラミッドの中庭まわりの構成は、その影響を強く受けています。 
まだまだ学ぶべきことはたくさんあるようです。



e0189939_11405951.jpg


e0189939_1141177.jpg







以下、阿部勤氏の文より抜粋です

私の家(中心のある家)は竣工してから38年になりますが全く古さを感じさせません。
むしろ年を経る毎に良くなっています。物理的に劣化していません。その主な原因は、庇と無垢の素材です。外観のコンクリート打ち放しが劣化していないのは、庇が出ている為です。
素性の知れない新建材でなく、人類が何万年の間慣れ親しんできた石、木、土、といった、中まで本物の無垢素材は、経年変化によって人や環境に馴染み、風合いが出て、年を経る毎に良くなります。
時間のなかで私との関係もより深まり愛着も湧き、居心地が良くなっています。周辺環境とも馴染み街の風景ともなっています。
 

  
e0189939_11552397.jpg


e0189939_11551366.jpg


 
e0189939_12482331.jpg

  
 

 






 
 
 
[PR]

by 2009mizuno | 2012-12-25 11:39 | エッセイ | Comments(0)
2012年 12月 20日

ディテール 2013年1月号

e0189939_1036585.jpg




「私の家」阿部勤・自邸のこと
「北嶺町の家」室伏次郎・自邸のこと




e0189939_10335515.jpg








ディテール 2013年1月号
195号(2013年冬季号)

■特集
彰国社創業80周年特別企画 これからの、ニッポンの、ディテール力。

時代によって建築の担う役割が変わるように,
ディテールの役割も変わっていく。
本特集では,変わるものと変わらないものを考察しながら,
ディテールのもつ意味を探り,設計プロセスや全体構成だけでなく,
ディテールを大切に設計することで生まれる建築の可能性と,
ディテール設計の現代的な役割について問い直したい。
[PR]

by 2009mizuno | 2012-12-20 10:35 | 建築雑誌 | Comments(0)
2012年 12月 09日

2つの棟に屋根をかける

e0189939_13535911.jpg


ついに2つの棟の間に垂木がかかりはじめました
左が今回新築の 棟A、右は既存の2階建ての車庫 棟B
平面的にも角度があり、屋根の勾配もお互いにちがう
2つの棟をつなぐことは、大工泣かせの複雑な作業となった


e0189939_135488.jpg


e0189939_13534115.jpg

親方お疲れさまです

e0189939_13515587.jpg




e0189939_135246.jpg

既存 棟Bから小屋組みを見上げる  棟Bの半分は既存屋根を取り払う
ダイナミックな屋根の骨組み
奥に見えている三角の部分はエントランスホールの天井部分


e0189939_13535176.jpg

新築の 棟A 2Fからの眺め  水平線が中央に見える
 
 
 
e0189939_13513363.jpg

海側からの外観 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
[PR]

by 2009mizuno | 2012-12-09 13:52 | 海辺の家 | Comments(0)