建築_空間

space09.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 28日

白い家 第47回 富山県建築賞 入選

e0189939_18185977.jpg



e0189939_18591548.jpg
e0189939_1859553.jpg



第47回 富山県建築賞にて「白い家」入選をいただきました。 この県の建築賞は竣工してから2年経ったものに対して応募資格があり、その後の住まい方や経年変化まで考慮される、特に住宅においてはリアリティーある審査となる。当然、住まい手さんのご理解もないと、2次審査にて見ていていただくことすらできない。
幸いなことにこちらの住まい主は、僕の提案させていただいた空間に対して共感度も高く、とてもセンス溢れる生活をされていると思います。とてもありがたいことです。
また、2年間経つと、その時考えたことをも多少風化していて、今回のように素晴らしい講評をいただくと、その時の思考に新しい視点で立ち戻ることができる。当然、第三者からの論点と言うのはまた視線が違いとても勉強になる。適切な言葉で明快に解読されている。僕に文章力がないのが原因だと思うが、このように建築的に鮮やかに表現していただくと、感無量である。すばらしい好評をいただいた蜂谷先生にはこの場を借りて感謝申しあげたい。
この住宅のテーマは、光と壁。この2つの空間要素は僕が建築を考えるときに必ずあつかう建築的要素です。このことを組み上げながら今回は、白のもつ意味と壁の意図的な表層表現から、表象的な、リアリズムと抽象が共存するような空間を目指しました。
建主さまをはじめ、施工いただいた藤井工業、また、お世話をいただいた建築士会のみなさまには、あらためて感謝申し上げます。
 
  
 
 

 

e0189939_18181077.jpg
e0189939_1818112.jpg


第47回 富山県建築賞 白い家 

e0189939_18184233.jpg

[PR]

# by 2009mizuno | 2017-01-28 18:19 | 受賞 | Comments(0)
2017年 01月 15日

「かなくれ食堂」2017

e0189939_17291873.jpg

「かなくれ会」とAnT シンポジウム

5人の陶芸家の日々の暮らしと作陶風景。12 人の建築家のその地に住み続けるためのお話

日時:2017 年2 月19 日(日)
会場:陶の里「陶農館」富山県中新川郡立山町瀬戸新31
参加費:1000 円 定員100 名  
参加申込み:陶農館(電話)076・462・3929 まで


e0189939_17293159.jpg


 
 
 
  

立山町「陶農館」で富山の暮らしを考える 陶芸家と建築家の共同企画 /富山経済新聞
e0189939_1830340.png

http://toyama.keizai.biz/headline/375/





水野行偉建築設計事務所 
http://www.miz-hp.com
[PR]

# by 2009mizuno | 2017-01-15 17:30 | 展示会 | Comments(0)
2017年 01月 15日

土間をつなげ周辺の森へとひらく

e0189939_8173189.png

アトリエと南側の軒下土間をつないだ。このL型に連続する土間空間は内部と外部をスムーズにつなぎ、外を内部に導く。主にどちらも作業しやすい場として、蒔きを割り蓄え、洗濯をして干し、作家の製作の場でもある。
南側の土間は、その外に広がる世界とつながる芯となり、バーベキューや外の作業をする時の、拠り所となる。


e0189939_8175660.jpg
e0189939_8174574.jpg

[PR]

# by 2009mizuno | 2017-01-15 08:16 | シマシマハウス | Comments(0)
2016年 12月 26日

アトリエの家 「すみたく本2017」に掲載

e0189939_1944019.jpg

e0189939_1943520.png
e0189939_19433623.png
e0189939_19432588.png
e0189939_19431718.png

 

 
 
 
 
 
 
[PR]

# by 2009mizuno | 2016-12-26 19:44 | 地元雑誌 | Comments(0)
2016年 11月 09日

シマシマの外観study

e0189939_759838.png
妹さんは手作りの人形を販売されており、この増築部はその作品を並べたショップも兼ねる。周辺ののどかな風景の中に、突然、サーカス小屋のようなしましまのボリュームがあったら楽しいと思った。山を背景にした集落の風景の中に、キュートな存在になれば良いと思った。たてのシマシマがよい。たてハゼ葺の板金の色を、白とベージュと白を交互にする。
その存在感が、この姉妹の空気感とよく合ってるように思う。
e0189939_759075.png

[PR]

# by 2009mizuno | 2016-11-09 08:10 | シマシマハウス | Comments(0)